2016年05月25日

開業場所の選定は慎重に

Fです、こんにちは。

昨年の7月から今までに6件の動物病院の開院を支援しました。その中で、特に強く感じたことがあります。またか!(笑)と言われることですが、重要な事なので、何度も繰り返し言います。それは、開業場所の選定の重要性です。

上記の6軒中5軒が、この4月、5月の売上げが200万を達成しています。残りの1軒も150万円以上を達成しています。立ち上げた月も100万円以上を売り上げていました。この事は、やはり場所選定が適切だった事にある!と考えています。

病院の立ち上げ当初から、月100万円以上の売上げをアップしていくのは、やはり開業場所が良い事が前提だと考えます。勿論、院長先生の力は重要ですが、開院当初は、まだ院長先生の個性は、十分に発揮されてきません。開業場所の特性が前面に出ます。月100万円以上の売上げがあるのは、その地域性が良いからだと判断しています。その意味で、くどいですが、「開業場所の選定は慎重に且つ慎重に」して欲しいのです。




posted by 動物病院開業研究会 at 18:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業準備で大切な事&やってはいけないこと | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

お勧め開業エリア(特別編)

Fです、こんにちは。

前回、東京23区の中でお勧めの開業エリアを紹介しましたが、今日はその中でも特にお勧めのエリアを紹介します。それは、次の3エリアです。千代田区、台東区、荒川区です。お勧めの理由は次の点にあります。

(千代田区)
動物病院が極端に少ないこと、住民層の所得がかなり高く、ペットの飼育率も高い点にあります。

(台東区)
世帯数が多く、所得層も高い方です。また、動物病院の数もやや少ないです。

(荒川区)
動物病院の数が少なく、世帯数がかなり多いです。

以上の3エリアで開業したい先生は、お知らせください。ベストな、物件を紹介します。

posted by 動物病院開業研究会 at 14:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めの開業物件(テナント、貸店舗等) | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

お勧めの開業エリア(東京23区編)

Fです、こんにちは。

久しぶりに、開業お勧めエリアの紹介をします。いつも言いますが、開業成功の最大条件は、開業場所(エリア)の選定です。したがって、開業場所(エリア)をどう選定するかは、開業準備作業の中で一番力を入れるべき部分です。また、慎重に行う部分です。

そこで、昨年10月にも紹介しましたが、お勧めの開業エリアを紹介します。今回は、東京23区編です。

紹介のポイントは、そのエリア(地域)での1動物病院当たりの世帯数が、7,000世帯以上あるものをあげています。通常、1動物病院当たり5,000世帯以上あれば開業に向いたエリアと言われていますが、私はより数字を厳しく見ます。経験上も1動物病院当たり7,000世帯あれば失敗は少ないです。

(東京23区)
千代田区

港区

台東区

江東区

北区

荒川区

板橋区

足立区

葛飾区

江戸川区
posted by 動物病院開業研究会 at 06:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めの開業物件(テナント、貸店舗等) | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

明けましておめでとうございます(近況報告)

Fです。松の内は過ぎてしまいましたが💦💦やはり年明けて、一回目の記事なので挨拶させて頂きます。

去年の9月以降の私の仕事状況をお知らせします。

現在、一緒に開業準備をしている先生方は、4人です。
3人は、2月中に開院します。あとの1人の先生は、今年の秋に開業予定です。
この先生方も、開業しましたら、それまでの開業準備の流れ等、報告したいと思います。
posted by 動物病院開業研究会 at 11:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況報告 | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

お勧めの開業エリア(横浜市、川崎市編)

Fです、こんにちは。

今日は、横浜市、川崎市でお勧めの開業エリアを紹介します。
紹介の理由は、そのエリア(地域)での1動物病院当たりの世帯数が、7,000世帯以上あるものをあげています。通常、1動物病院当たり5,000世帯以上あれば開業に向いたエリアと言われていますが、私はより数字を厳しく見ます。経験上も1動物病院当たり7,000世帯あれば失敗は無いです。

横浜市
@保土ヶ谷区

A南区

B西区

C鶴見区

D港北区

E神奈川区

川崎市
@川崎区

A高津区

B中原区

拍手お礼🎶 11月17日 10月11日 10月8日 拍手を頂いておりました。ありがとうございました!

posted by 動物病院開業研究会 at 16:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お勧めの開業物件(テナント、貸店舗等) | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

今後は、開業場所(物件)の情報提供に力を入れます

Fです、こんにちは。

このブログは、1年近くタッチしていませんでした。理由は、多忙だったことと、これから何を書いていけばいいのか?とブログの方向性に悩んでいたからです。世間には、動物病院の開業について色々な知識やノウハウが公開されています。今更、私が二番煎じを出してもあまり意味が無いのではないか?とも考えていました。ただ、それでは開業予定の先生方にお役にたてないと感じ、今後は、開業に役立つ「開業エリアの紹介」「具体的な開業物件の紹介」していきます。

私は、医院開業準備を20年以上やってきました。自分で言うのもなんですが、特に開業場所の選定では、大きな実績を残してきました。それを動物病院の開業に生かそうと思います。物件の収集は、得意分野です。身内に不動産業者が複数いますし、私自身が8年程不動産業を実践して来ました。ですから、先生の方でも遠慮なく、メールにてリクエストをください。

今回は、東京23区内で、開業に適するエリア(地域)を紹介します。世帯数、犬の登録数、現状の動物病院数をベースとした資料に基づいた分析の上で紹介していく予定です。
続きを読む
posted by 動物病院開業研究会 at 13:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶 | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

近況報告

お久しぶりです。Fです。ここ半年ばかりの仕事状況(開業準備)の報告をします。

アピアどうぶつ病院(4月)−駅近の立地で、立ち上がりが良好です。今後が楽しみです。


いわぶち動物病院(5月)−診療圏内に競合がほとんどなく将来が期待できます。


もりの動物病院(7月)−エキゾッチックを中心に診療します。駅近の立地で順調に増患しています。


すみれペットクリニック(8月)−競合が少なく、人口も増えているのでかなりの売上げが期待できます。



現在も3件が開業準備中で、2件は場所が決まりました。それぞれAクラスの場所です。今年開業の先生方は、開業場所がすべてAクラスです。是非5000万円以上の年間売り上げを実現してください。

拍手お礼報告😃💡
4月15日、27日、5月11日、14日、21日、6月9日、8月2日、14日拍手を頂きましたvvありがとうございました。
半年も更新していない💧ブログに見に来て下さって、ありがとうございました!

posted by 動物病院開業研究会 at 11:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況報告 | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

取り急ぎ拍手お礼

Fです。お久しぶりです。
web拍手のお礼を申し上げに、急遽インしてまいりました。
2月3日 3月12日 31日 拍手ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by 動物病院開業研究会 at 16:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルのつぶやき | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

会社内紹介

またまた、久しぶりの更新ですいません。😖
会社会議室(面談室)をプチリニューアルしました。
来て貰った先生方に、少しでも気持ちよくお話しして貰う為です。

拍手のお礼報告も遅れてすいません。8月11日 22日 10月2日拍手を頂いていました。ありがとうございます😃

まず入り口です。
いままで開院された先生方の開院紹介チラシを切り抜いて、オーナメントを作ってみましたvv
140808_122812.jpg

資料や本等も、すぐ手に取れるように整備しました。

140820_161600.jpg

こちらは、いままで開院準備に携わった先生方の開院チラシ等、パンフレット類です。

140819_153410.jpg

posted by 動物病院開業研究会 at 14:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 近況報告 | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

院内警備について

Fです、お久しぶりですたらーっ(汗)たらーっ(汗)更新が随分と開いてしまってすみません。ふらふら

 

 最近のニュースを見ると、色々な暴力犯罪(殺人事件、暴行事件、脅迫事件等)や財産犯罪(強盗事件、窃盗事件、詐欺事件等)が頻発してきています。その傾向は、今後益々増加していきそうな気配です。自分の身は自分で守る。とよく昔から言われていますが、今は転ばぬ先の用心をきちんとしていこう!と言わざるを得ない状況になってきていると思われます・・・・・



動物病院の機器類の多様化や大型化は、火災を始めとした思わぬ事故をもたらします。例えば、大型の動物病院は、防犯&警備対象としては、意外と注意を怠ってはならない施設なのです。


先生の病院では、防犯体制や警備体制が整っていますか?犯罪や事故は、起きてからでは遅いのです。事前の準備態勢が大事なのです。それなりに先生方は準備されていると思います。しかし、おざなりの準備では、あまり効果が無かったり、逆効果だったりします。そこで、このブログで防犯体制と警備体制につき数回にわたりお役立ち情報をお知らせします。


ところで、「防犯」と「警備」はどんな意味でしょうか。前者は、犯罪を未然に防止すること、後者は、事故、破壊、盗難等の事変に備え、警戒や防護を行うことを意味します。つまり後者は、前者を含み、広く色々な事変から損害が生じないように守っていくことを意味します。


今後、自然災害や事故、そして犯罪はかなり増えていくと思われます。病院の財産やスタッフの安全を守ることは重要な課題になってきます。是非これを機会に防犯、警備について考えてください。

posted by 動物病院開業研究会 at 11:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 各種のお知らせ、開業実例実績など | 更新情報をチェックする