2018年08月26日

動物病院の経営の今後は

Fです、こんにちは。

今日は、会社で資料整備と勉強をしていました。数冊の時事解説の本を読む中で、今後の世界、日本の経済情勢及び社会情勢は、かなり厳しくなるという見解を持ちました。まだ、ここ5年間は大きな問題はないようです。その後です。

特に日本は、人的な面では、少子高齢化、非婚化が進んでいきます。この点は、ペット産業や動物病院業界にプラスの要素になります。以前にもこのブログで書きましたが、非婚化で独身女性のペットの飼育が増えている点を書きました。少子高齢化も似た面を持っています。

しかし、経済情勢の悪化は、大きなマイナス面です。やはり、経済的な余裕がペット飼育やペットの健康維持にかかわってきます。今後は、この点の対策が大きな課題です。厳しい経済情勢下でどう動物病院経営を維持し発展していくか、特に新規開業で売り上げを伸ばしていくか。緻密な対策が必要になります。




posted by 動物病院開業研究会 at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | コンサルのつぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。