2016年09月04日

開業場所の選定(特別編1)

Fです、こんにちは。

動物病院の面白い開業場所として度々紹介しているのが、集客施設(ショッピングセンター、大型スーパー等)内で開業です。今日はそれ以外の面白い開業場所を紹介します。

まず、駅前立地です。次に大型団地です。順次、その理由を説明しましょう。
駅前立地ですが、当然、人が集まる場所(一種の集客施設)が第一の理由です。それも、駅の性格上、広範囲に各種の年齢層に自院の存在を認知させる事ができます。第二の理由は、自院のサービスに特別な強みや売りがある場合、集客を広範囲にする必要があります。その点で駅はその機能を充分に満たします。

第三に、駅の機能を見直しそれに着目することです。今日、地方では車社会が進み駅の機能が落ちています。しかし、移動手段の機能では、まだ鉄道が基本手段です。その点に着目すべきです。


次に大型団地です。この開業立地については、あまり言われませんが、Fは面白いと考えています。理由は、集客施設の変型版だからです。つまり、大型団地(5000人以上の住人がいること)であれば、年齢層も多岐で面白いからです。ペット禁止の団地でも聞き取り調査をしてペットの飼育を調べれば意外にペットを内緒で飼っていることがあります。調査次第で判断すればいいと思うのです。
posted by 動物病院開業研究会 at 18:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業場所(立地)・診療圏調査・資金調達 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック