2014年01月29日

面白い開業の形が出てきました

Fです、こんにちは。

動物病院の標準的な開業スタイルは、自分で適切な開業場所(物件)を選定し、自己資金+融資で資金を用意し、内装又は建築を行い、機器類設備を自前で調達して行う。と言うものになります。その他、広告宣伝も行い、従業員の募集も行う必要があります。準備期間としては短くても3ヶ月、長ければ1年ほど必要です。
コンサルタントや業者さんの助けを借りるとしても、最終的な決断は自分でするしかありません。自分の城を作るワケですから。
しかし、この準備作業の大半を他で行ってくれ(業務委託会社が行います)、開業資金も用意し(業務委託会社が用意します)、先生は院長として、診療業務及びスタッフ管理を行うだけでいいのです。報酬としては、売上の20〜30%を得ることができます。
こんな低リスクの動物病院の開業方法が、ある会社の新規事業により実現しました。

こんな先生にお勧めです
@ 独立したいが、資金がない。
A リスクのなるべく少ない開業がしたい。
B 繁華街(銀座、新宿、渋谷、池袋等)の中で開業したい。
C 面白い立地で開業したい(複合ビル、集客施設ビル等)。
D 経営面の心配を避けたい。

如何ですか先生、面白い開業のひとつのやり方です。興味をもたれた先生はメールをください。
詳しい情報を提供いたします。


posted by 動物病院開業研究会 at 20:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 各種のお知らせ、開業実例実績など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。