2013年12月29日

今年を振り返って1

Fです、こんにちは。

年末をいかがお過ごしですか。もう今年も数日です。本当に一年の経過は早いものです。勤務医の先生方は、大きな組織の中でご苦労な事も多いでしょう。同じく院長先生方も、組織をまとめ牽引するのですから、大変さと言う点では大差ないと思います。仕事にはそれぞれ苦労がつきものです。その苦労をどう考えるかは、各人の捉え方・考え方でどれが正しいとは一概に言えません。しかし、私は「苦労はいいものだ。自分を高めるために必要なものだ。苦労が無かったら、自分の将来は開かれない」と常々考えています。もちろん理想どおりには行きはしませんが、苦労を乗り越えていく事が自分を高めていきます。

確かに、「できるなら苦労は無いほうが良い、平穏無事の人生が良い」と言う考え方ももちろんあります。しかし、それでは味気無い人生ではないでしょうか。苦労し涙を流し、初めてわかる仕事の醍醐味・やりがい・奥深さと言うものがあると思うのです。特に先生方は、「医師」と言う社会生活上重要な仕事を担っているのです。その責任を自覚して仕事を進めて欲しいのです。そして、仕事を楽しんで欲しいのです。

どうしてもそう考えられない先生は、毎日こう唱えてください。「仕事は楽しいものだ。良いものだ。仕事さんありがとうございます」。この言葉を毎日、朝昼晩と10回ずつ唱えてください。一ヶ月もすれば、仕事が楽しくなってきます。これは本当です。もし、効果が出ない先生は、ご相談ください。より効果の出る方法を教えます。手間は殆どかかりません。お金もかかりませんから。

一方、毎日の仕事が楽しい先生は、「仕事さんありがとうございます」を朝昼晩と10回ずつ唱えてください。そうすれば、今の仕事がますます楽しくなります。幸せな気持ちになってきます。是非やってみてください。(私もちょっと違う言葉で実践しています。その為、毎日が本当に楽しいです。これは本当です。)
posted by 動物病院開業研究会 at 22:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサルのつぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック