2013年02月14日

開業コンサルティングは何をするのかB

Fです、こんにちは。

今日も前回に続き、「開業コンサルティングは何をするのか」について書きます。


前々回、前回と開業コンサルティングは何をするのか、簡単に述べてきました。それをよりまとめて言うと、開業コンサルティングとは、開業する先生の「道先案内人」、「相談相手」、そして「代行者」になることといえます。

まず、「道先案内人」とは、先生にとっては開業準備は、初めての経験ですから、どんな準備をすればいいのか?どのように進めればいいのか?具体的には判らない事だと思います。そして、不安だらけな事だと思います。そこで、どんな準備をすればいいか、その先生の事情を踏まえて、開業までの諸準備の案内をしていくのです。

そして、「相談者」とは、その準備をする中で色々な不明点や疑問点に対して相談を受け、回答を示し、動きの指針を与えて、開業準備が無理なく且つ適切に進むようにするのです。

また、「代行者」とは、先生が個々の開業準備で動けなかったり、先生本人より第三者に動いてもらうのが得策の場合、先生に代わって動く事を意味します。この点、大手のコンサルティング会社は、基本的にはアドバイザーの立場でしか動きません。先生の代行は殆どしません。いわゆる、コンサルタントは「口だけ出す」等といわれたりしますが、私の場合は先生の代行もします。

以上については、今後随時具体的に書きます。

最後に、他のコンサルタントが殆どやっていない方法ですが、私のコンサルティングは、先生の開業を成功させるために、各種の成功実現ツールを用いて先生の開業成功を確かなものにしていきます



posted by 動物病院開業研究会 at 20:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業コンサルティング(開業支援)に関するQ&A | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。