2012年12月12日

ホームページの利用についての考察4

Fです、こんにちは。

今日は、前々回の連載の続きです。ホームページ(以下HPと略)の機能の4番目である、「その他の機能」について書きます。

HPの「その他の機能」として、私は次の機能を上げます。@飼主さんへの啓蒙機能(教育機能)、A地域の掲示板的機能です。

まず、@の啓蒙機能ですが、ズバリ獣医療の専門家である先生方の社会に対する教育です。飼主教育と言っても良いでしょう。巷には、動物の飼い方とか接し方等、色々な動物に関する本が出ています。しかし、先生方は獣医師として広く動物の生態を知る専門家です。したがって、その生態特に獣医療の知識を飼主の立場に立って伝える必要があります。それにより、動物と人間のより良い関係が作り上げられると思います。

具体的には、動物の衣食住に関して獣医師として伝えたい点を随時書けば良いでしょう。獣医師から見た「運動のさせ方」「食事の与え方」「しつけの仕方」等々です。話題はどんなものでも良いと考えます。先生が重要だと思うものを中心に書けば良いでしょう。とにかく獣医療の専門家としての情報発信が大事なのです。

次にAの掲示板的機能についてです。これは、自院がその地域の飼主さんのコミュニティと位置づけて、色々な情報発信をしていけば良いと考えます。

例えば、ミニチュアダックス犬の飼主会の集まりのお知らせとか、老齢犬の飼主会の集まりなど飼主さん達への掲示板の役割を果たすのです。もちろん自院で開催する色々な催しのお知らせをしても良いでしょう。とにかく自院が飼主さんへの情報発信基地になると言う位置づけで望めば面白いと考えます。


posted by 動物病院開業研究会 at 16:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告宣伝(ホームページ、チラシ、パンフ等)のポイント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。