2012年12月09日

内覧会レポート

Fです、こんにちは。

12月9日にweb拍手を頂いていました。ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

今日の前橋市はかなり寒いです。昨日今日と内覧会を開いている先生(萩原英子)がいるので、その立会いのために前橋市に来ています。今日は、その紹介をします。前回の記事の続きは、明日以降に書きます。

http://www.hagiwara-pet.com/index.html
(はぎわらペットクリニックHPアドレスです)

(治療方針)
当院では、ことばを話せない動物たちの気持ちをすこしでもわかってあげられるよう、飼い主さまとのコミュニケーションを大切にしています。それは、いつも一番近くで愛情をそそいでいる飼い主さまが気づかれるサインから病気がみつかることが多いからです。問診・検査から診断へ結びつけ、さらに動物たちの性格や飼い主さまの要望などから最適な治療計画をご提案させていただきます

女性の先生で、12日から開院です。昨日今日と内覧会を開き、昨日は46組の見学者が来院しました。
今日は34組の見学者が来院しました。

はぎわらPCは戸建の病院です。1階(約25坪)が病院、2階(約15坪)はスタッフルーム、院長室、医局です。自宅は、少し離れた場所にあります。病院の立地は、交通量の多い生活道路に面し、向かいにホームセンター、隣にスーパーがあり、認知度は高い立地です。競合は少なくはないですが、南側の広範囲の地域には競合がないので、良い開業場所だと判断しました。開院後が楽しみです。

今回の内覧会では、色々勉強させられました。
まず、院内の案内での院長の役割です。ズバリ、どんな案内が効果的かです。数分の案内の中で如何に自院と院長に好印象を持ってもらうかです。次に、スタッフの対応です。院長の補佐としてやはり如何に見学者に好院長を与えるかです。最後に、院内の設備についてです。以上の点について色々考えたので、それをレポートにまとめ今後の参考にしたいと思いました。

内覧会は、非常に重要です。何故なら、見込み客になる人々に自院に対する第一印象を与えるからです。その印象によっては、顧客になるチャンスを失うリスクも抱えているのです。ですから、内覧会は慎重な準備が必要になります。この点を開業コンサルタントは、よく考え対応しなければならないと今更のように思いました。
はぎわら7.jpg
                                                             
    病院の正面

はぎわらPC 022.jpg
      見学中

はぎわら4.jpg

家族連れも多かったです

                                                  
                                                                       


posted by 動物病院開業研究会 at 15:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 開院ギャラリー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。