2012年10月06日

ホームページ・ブログを使った集客対策5

Fです、こんにちは。続けていた連載記事(「ホームページ・ブログを使った集客対策」)を再開します。

D【自院のセールスポイントに焦点を当てたページ構成に】


 ホームページ(以下HPと略)による集客を効果的なものにするためには、まずページの構成を十分に練る必要がありますです。基本は、「トップページ」、「院長の挨拶」、「診療内容」、「診療時間、病院所在地」のページの4つは最低限必要です。それ以外に強調したい点や、自院のセールスポイントを織り込んだページをプラスしていけば、より自院の特徴を売り出せる構成に仕上がります。  

前回紹介したハミング動物病院は6ページ構成です。上述した最低限の要素に加え(院長挨拶や診療時間、病院所在地は1ページでまとめています)、自院の売り(エギゾチックアニマルの診療、トリミング、ホテル)を独立したページで、詳しく説明しています。診療案内は、具体的でメリハリが効いた内容で良いと思います。ホテルはもう少し詳細な説明があると他のペットホテルとの差別化が図れます。

http://www.humming-ac.com/index.html
  

少し細かい話かもしれませんが、各ページのタイトルの表記も注意していただきたいことがあります。それは、横文字の使用です。HPでは横文字をついつい使いがち。確かに横文字の方がデザイン性は高く格好よく感じますが、あまり好ましいとはいえません。
たとえば、「アクセス」という単語。最近では一般的に使われていますが、年配の方のなかにはわからない人もいます。「アクセス」の意味がわからない結果、場所が見つからないから、と受診するのをやめてしまう患者さんもいるかもしれません。「全部見ればわかる」と考える方もいるかもしれませんが、それでは不親切です。利用する人の利便性を考えてください。今や、中高年の方でもネットを利用する割合が高まっています。潜在客を逃さないためにも、どんな人にもわかりやすい表現を心がけましょう。


posted by 動物病院開業研究会 at 15:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告宣伝(ホームページ、チラシ、パンフ等)のポイント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。