2012年08月24日

ホームページ・ブログを使った集客対策2

先週から始めた連載記事の第2回目です。web拍手を8月14日、8月25日頂いていました。ありがとうございます。わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
A作成業者の選定にはその
HPをチェックせよ

 多くの医師やスタッフは、ホームページ(以下HPと略)の作成にあたり専門の作成業者に委託することと思います。しかし、プロである業者でも価格やクオリティーなどに相当な差があるので、内容や実績も踏まえて複数の業者を比べ、慎重に選択する必要があります。  

 たとえば、デザイン性を重視するあまりフラッシュ効果などを多用した結果、大きな制作費用がかかったというケースをよく耳にします。見た目には派手で、眼を引くように思われるかもしれませんが、実際に集患のための費用対効果がどれほどあるかは疑問です。HPを開設する目的やその内容、方向性について、先生自身でしっかりと考え、ビジョンを明確化し、それに合った業者を選ぶようにしてください。
  

 実際に業者を選ぶ時には、その業者のHPを参考にすることをおすすめします。チェックしていただきたいのはまず、「ぱっと見た時の印象(第一印象)の良さ」です。それから全体を閲覧して、「タイトルや文章に判りやすさや説得力があるかどうか」を見てください。全体を見て「なんとなくわかりにくい」という印象をもった時には、その業者はおすすめできません。また、非常にわかりやすいチェックポイントはHPの文章内の誤字脱字です。2ヶ所以上誤字脱字がある業者は避けるべきでしょう。自社の広報(HP)もしっかりできていないということは、仕事の質もその程度であるということなのです(私も自分のHPをチェックしなくては。笑)。
  

 さらに、業者の選定だけでなく、制作全体を通していえることですが、院長1人の好みを優先せず、スタッフや夫人(ご主人)、その他多くの人の意見を聞きながら取り組むようにしてください。


posted by 動物病院開業研究会 at 19:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 広告宣伝(ホームページ、チラシ、パンフ等)のポイント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。