2009年11月10日

場所選定について

Fです、こんにちは。

今日は、前回にひき続き「(開業の)場所選定」について書きます。経験上、開業を早く成功に導くための一番重要な作業は、開業場所(物件)の選定です。昔から
客商売は場所(立地のこと)が大事」と言われます。その意味は、立地が悪いとその商売が不成功に終わったり、成功までに長い時間かかったりすることを意味します。
開業をめざす先生は、例外なく開業の成功を目指しているでしょうから、この開業場所の選定がもっとも重要な、開業準備作業になります。

場所選定、資金計画の立案

開業場所をじっくり選定します。資金計画を立案します。
@ 開業場所の選定は、開業成功の最重要作業ですから、最大の力を投入します。
A 資金計画を立案し、資金調達の具体的な見通しを立てます。

開業の成功は場所で決まると断言します。この場所選定には特に力を入れてください。
場所選定にはプロの力を借りるのが賢いやり方です。
開業の目標設定ができたら、その目標を達成できる開業場所を慎重に検定し選定します。合理的かつ効率よく探しましょう。通常、テナント開業の場合、開業までに6ヶ月前後かかりますし、戸建て開業は1年前後かかります。時間が無いのですから、情報収集に工夫をしましょう。 資金計画は、この時点では概略的なものでいいと思います。予算組的な内容でいいと思います。

★場所選定と資金計画で開業準備と開業後に成功の差が出ます★


通常、開業場所の選定は次のような流れで行います。
まず、(1)ある程度広い地域(例えば杉並区南部、浜松市北部等)を地理的社会的環境、人口・世帯数、競合(競争関係に立つ動物病院)、犬の登録数を考慮して良い立地だと考えられる地域を絞り込みます。
そして、(2)その絞った地域の不動産業者から物件情報を集めます。
(3)集めた物件情報を実際に現地に行きチェックし、問題ない場所だとの印象を持った場合、(4)精密な診療圏調査をして最終的な開業場所と決定します。これは、建物を建てて開業する場合(戸建開業)、建物の一室を借りて開業する場合(テナント開業)とも同じ流れをたどります。


この選定過程で比較的無駄なく場所選定を達成する方法が有ります。
まず、(1)ですが、
23地域程度を選定してください。
選定の基準は、イ:人口・世帯数の多いところ、ロ:競合の少ないところ、ハ:各種環境が良好なところです。
(2)は、営業年数が長く(10年以上)、対応の良い不動産業者を選ぶことです。
そして、(4)の診療圏調査は、専門家に頼むことです(この点は後日詳細に書きます)。この4点をしっかりと押さえると場所選定は、まず失敗しません。

時間のない先生方は、開業場所の選定に苦労すると思います。結構探しだせば、簡単にみつかるんじゃないのか?と思ったりもします。しかし、なかなか見つからない。時間はどんどん過ぎていく。あせる。よけい見つからない。のデススパイラルにおちいりやすくなります。
そこで、それを逃れるうまい方法を2,3伝授します。

@親身になってくれる不動産業者さんを見つけ動いてもらう。
A経験のある業者さんやコンサルタントなどに応援を頼む。
@は無料です。Aは有料の場合もあります。
場所選定は知識と経験が必要です。費用がかかっても他人の手を借りるのは合理的なやり方です。自分ひとりで探しているのではない。と言う安心感も得られます。



posted by 動物病院開業研究会 at 08:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業までの道のり(ケース紹介) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。