2009年05月01日

開業コンサルティングQ&AA

Q2の「開業コンサルティングを利用する価値はあるか?」という点について答えます。

結論から言うと、十分その価値があると考えます。理由は、開業コンサルティングを受けることにより、@質の高い開業準備ができること、A相談相手ができることで開業準備を安心して効率的にできる。それと、B開業費用を節約できると言う利点があります。コンサルタント費用が余分にかかるのに、開業費用を節約?と考える先生も多いでしょう。

しかし、例えば開業場所(物件)を探すのには、病院が繁盛しそうな地域を選び、その地域に売地や貸店舗(テナント)があるかどうか、不動産屋さんを回って情報収集するわけです(物件収集と言います)。この物件収集は効率的に(漫然とではなく)行う必要があります。これがなかなか時間と手間と気力・体力が要ります。だんだんと、自分の求めている物件はでて来るのか?と不安になってきたりします。経験値を積んだコンサルタントでも物件がなかなか出てこない場合があります。

次に、出てきた物件を選定する必要があります。この選定にも、時間がかかります。実際に現地を調査し資料をチェックし、好適開業物件かどうかを見極める必要があります。その一方で、良い物件を出してくれるように不動産屋さんに粘り強く交渉をする必要もあります。これらの一連の作業を連続してうまくやるには、経験と知識が必要です。コンサルタントであればこれを難なくこなします。このことは、良い準備につながり、また時間の節約(=費用節約)になります。

また、良さそうな物件が出てきたとしても、本当にその物件が動物病院としてやっていける物件かは簡単にはわかりません。調査が必要です(診療圏調査)。その調査の為には、色々な資料を集め近隣の人々の現地状況を聞いて初めて、調査が可能となります。たとえ十分準備をして調査したとしても、その調査結果になかなか自信は持てない場合もあると思います。しかし、避けて通れない作業です。この部分は、専門家の仕事です。通常開業コンサルタントは、その専門家です(中には素人もいますが)。

調査結果をOKと出したとしても、今度はどういう病院クリニックにして、そのためのお金はどれぐらい使うのか、またそのお金をどう用意するのかという(事業計画の策定&資金調達になります)非常に悩ましい作業があります。お金を用意できても、次は建物の建築の準備をする為に、設計士さんや業者さんを探し交渉しなければなりません。貸店舗開業の場合は、内装工事があるので施工業者を厳選する必要もあります。はたして適切な設計士さんか業者さんかの判断は、先生として判断が付きかねると思います。建物建築や内装工事は、多額のお金を投入する部分なので、この選定は重要です。コンサルタントがついていれば、この部分もスムーズに進みます。

建物の建築や内装工事が始まると今度は、医療機器や什器備品の選定を行い、スタッフを集め、広告宣伝の準備をします。この点についても、先生が1人で行う場合は、ゼロから勉強し対応する必要があります。

とにかく色々な開業準備作業があります。それも初めての事ばかりです。それを進める為にどんどん時間がかかります。失敗も多いです。その結果大きな損をしたりします。コンサルタントを依頼すると言うのは、゛転ばぬ為の杖をもつ゛と考えて欲しいのです

先生は、この開業準備の作業を1人で行いますか?それよりもやはり、専門家や慣れた人の話を聞いて、無駄なく効率的に行うのが賢い開業準備だと思いませんか。たとえコンサルタント費用が発生したとしても、専門家や慣れた経験者の手を借りる方が、結果として得になるのです。

「時は金なり」
です。「知恵は力なり」です。

開業コンサルタントは、先生の開業準備の心強いパートナーの働きをするので、開業準備には不可欠だと思うのです。但し、その開業コンサルタントも力量や経験に幅があるので、力や経験のあるコンサルタントを選択する必要があります。コンサルタント選定には、その条件がつきます。
 
以上の理由で開業コンサルティングは、受ける価値があると考えます。


posted by 動物病院開業研究会 at 18:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業コンサルティング(開業支援)に関するQ&A | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。