2009年02月02日

開業準備で大事なこと@

開業準備で大事な事はいろいろありますが、次の3つだと考えています。

@基本構想を練ること A開業場所を慎重に選定すること B集患対策に力を入れること
です。


この3点を押さえて開業準備を進めていけば、大きな失敗はしませんし、開業の成功が早くなります。
これは開業した院長先生の多くが教訓として話すことです。私も医院開業を100件以上、動物病院開業を20件以上支援した経験として断言します。

開業を目指す先生方は、初めて開業準備をしていくのでピンとこないでしょうが、この3点はしっかりと押さえてください。この3点を上手くやるかどうかで開業準備の成果が決まり、開業後の病院クリニック経営の良否が決まります。

そこで、この重要な3点について数回にわたり、説明していきます。

初回は、@「基本構想を練ること」について書きます。先生、この「基本構想を練ること」という点についてどうイメージしますか。

漠然とイメージは沸いてくると思います。「こんな場所で、こんな規模内容の病院又はクリニックを作り、診療サービスはこんな内容にする。」最初は、これでいいのです。たとえそんなに具体的ではなくても、大雑把でいいのです。この全体のイメージが基本構想です。

少し具体的に言うと、「開業場所」については、大都市の商業地域でやるとか、大都市の近郊住宅地でやるとか、地方都市の近郊で開業するとか、ある程度の絞った開業立地のイメージが重要です。決してどこで開業しなければダメというものではないのです。開業場所については、先生のやってみたい場所が希望候補地になります。そこがいいかどうかは、診療圏調査でチェックしてみればいいのです。そうすると、いろいろとわかってきます。まず、やりたい場所が候補地です。

病院クリニックの内容規模についても、まず先生が理想とする規模内容をイメージし、あとは具体的な物件(場所)が出てきたら、それに合わせて規模内容を固めていけばいいのです。

医療サービスの内容についても、漠然としたイメージで最初はいいでしょう。準備をしていく過程で色々な人の話を聞きながら固めていけばいいのだと思います。



posted by 動物病院開業研究会 at 17:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業準備で大切な事&やってはいけないこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。